韓国語を効率良く習得するためのガイド

よく使う言葉から韓国語の上達を目指す

人とコミュニケーションをとる場合、挨拶することも大事ですが、相手に自分のことを知ってもらったり、相手のことを教えてもらったりするということも大切です。

 

そこで肝心になってくるのが「自己紹介」と相手のことを教えてもらうためのいくつかの「質問」です。

 

まず最初は「自己紹介」から覚えてみましょう。

 

自己紹介で一番はじめにすることは、自分の名前を伝えることです。

 

日本語ならば「私は○○です」と言いますが、韓国語でも同様に表現します。

 

「チョヌン○○イムニダ」と言います。

 

「チョヌン」とは「私は」という意味で、会話の中でたびたび出てくるフレーズですから、韓国語を覚えるためのポイントとして、きちんと頭に入れておきましょう。

 

どこから来たのかを尋ねられることも結構あります。

 

たとえば「私は日本から来ました」という文章は「チョヌンイルボンソワッスミニダ」となります。

 

日本は韓国語で「イルボン」となり、東京から来たと言いたいなら「ドンキョン」と言うようにします。

 

さらに、相手のことを知るために、韓国語で名前などを聞くフレーズも覚えましょう。

 

名前を尋ねる時は「イルミモエヨ」と言います。

 

韓国では、年上の方には必ず敬語を使用して会話することが前提となっています。

 

韓国語をマスターするためには、そのような習慣を心得ておくことも大事ですから、初対面での自己紹介のシーンでは、特に注意しておくようにしましょう。

 

初めて会った時に年齢のことを話すのは、ちょっと気が引けるかもしれませんが、敬語についてきちっとしているということもあり、韓国では年齢を聞かれることも当たり前にあることのようです。

 

韓国語を上達するためには、韓国語で年齢を教えることも一緒に覚えておくといいでしょう。

よく使う言葉から韓国語の上達を目指す関連エントリー


韓国語を効率的にマスターする方法をご紹介

Copyright (C) 2010 韓国語を効率良く習得するためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

よく使う言葉から韓国語の上達を目指す