韓国語を効率良く習得するためのガイド

挨拶から韓国語の上達させる

「挨拶」は人とコミュニケーションを取るための基礎的な言葉です。

 

韓国語を習得するための学習の初心者の方でも、挨拶程度ならすぐにでも覚えることができますから、はじめは毎日使う挨拶から学習をしてみるのもいいかもしれません。

 

挨拶は初歩的とは言っても、日本語の場合でも挨拶には何種類かあります。

 

「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」「さようなら」、謝礼の挨拶まで考えたら「ありがとうございます」等もあります。

 

日本でも、昼間の挨拶と夜の挨拶を使い分けるように、韓国語の中でもそのシーンに対応して変わる挨拶などもありますから、どの様なシチュエーションでどのような挨拶をするのかということも合わせて、韓国語の挨拶を身に付けましょう。

 

それでは、挨拶から学習していくのに役立つ基礎的なものをご紹介しましょう。

 

「こんにちは」

 

これはご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

韓国では「アンニョンハセヨ」となります。

 

これは朝、昼、夜、どの時間でも大丈夫な挨拶です。

 

「おはようございます」と朝の挨拶を言う時なら「アンニョンハシムニカ」と言います。

 

別れの挨拶の「さようなら」を言う場合は、韓国では、自分が先に去るのか、去っていく人に挨拶するのかで言い方が違ってきます。

 

韓国語を学習するプロセスでは、この区別の仕方が思いのほか覚えにくいでしょう。

 

自分が先にその場を離れる時は「アンニョンヒケセヨ」、自分から離れていく人に言う時には「アンニョンヒカセヨ」と言います。

 

この2通りの挨拶は、大変良く似ていて間違いやすい言い方ですが、日ごろ使用している「さようなら」のシーンで、どちらが当てはまるのかを考えながら理解していくと覚えやすいそうですよ。

挨拶から韓国語の上達させる関連エントリー


韓国語を効率的にマスターする方法をご紹介

Copyright (C) 2010 韓国語を効率良く習得するためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

挨拶から韓国語の上達させる