韓国語を効率良く習得するためのガイド

プロを目指して韓国語を上達させる

韓国語を本気でマスターして、それを発揮させたいと思っていらっしゃるかもしれませんね。

 

韓国語を習得して、韓国の方との交流を深めたり、旅行をエンジョイするのも素晴らしいことですが、やはりその上達した韓国語を活かせる仕事をすることは、韓国語に限ったことではなく、外国語をマスターすることを目標にしている人達にとっては、憧れではないでしょうか?

 

語学を活かした職業と言えば「通訳」が有名ですね。

 

韓国語の高いレベルでの上達を志すなら「通訳案内士試験」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

この試験は、国際観光振興機構が開催している国家試験で、単純に韓国語の理解度を明確にするだけのものではありません。

 

韓国語を用いて、日本の地理や歴史など、日本のいろいろな文化を伝えるという知識が必要となる試験なので、韓国語の学習のみでなく、日本のこともきちんと勉強しなければなりません。

 

通訳案内士試験は、性別や年齢、学歴や国籍など関係なく、どなたでも受験資格がある試験で、筆記試験と口述試験の2つが実施されます。

 

筆記試験では、英語やフランス語、スペイン語等、希望した外国語についての記述式による筆記試験と、日本語による筆記試験の2種類が実施されます。

 

韓国語を習得して受ける場合には、韓国語を選択して試験をすることになります。

 

その後に、2次試験として、口述試験があります。

 

この試験では選択した言語を用いて、実用的な能力がどれくらいか審査されます。

 

合格率は6.9%くらいだと言われているので、極めて狭き門ではありますが、ハードルを高くすればやる気も起こりますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

プロを目指して韓国語を上達させる関連エントリー


韓国語を効率的にマスターする方法をご紹介

Copyright (C) 2010 韓国語を効率良く習得するためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

プロを目指して韓国語を上達させる