韓国語を効率良く習得するためのガイド

ハングル能力検定を韓国語の上達に生かす

韓国語上達の目標として「ハングル能力検定試験」を目指してみてはいかがでしょうか?

 

NPO法人である「ハングル能力検定協会」により開催されている試験で、日本においても6番目に開始された、外国語の検定試験です。

 

一般的な認知度はまだ低い言える検定なのですが、韓国語の習得を目標にしている人達の間では、評判の検定となっています。

 

また最近では、ハングル能力検定試験で資格を取得すると単位として認めている学校も増加してきて、社会的な位置が高くなっている検定試験であると言えます。

 

ではここで、ハングル能力検定試験のあらましを大まかにご紹介していきましょう。

 

はじめにこの検定の特徴としては、日本語を母国語としている方を対象にしている試験であるというとこです。

 

そのため、韓国語上達の為の学習をする上で、理解し易い部分と理解しにくい部分を明らかにすることが可能なため、韓国語の上達度を明確に判明することができるからです。

 

試験の内容としては、90分〜120分の試験時間内で、聞き取りと筆記の2つの試験があります。

 

評価の目安としては、韓国語の学習を始めたばかりというビギナー向けの5級から、上級者向けの1級までがあって、それぞれのレベルで、100点満点中、60点〜70点以上で合格となりますが、1級の検定に関しては面接試験も行われています。

 

毎年、春と秋ぐらいに検定が行われているのですが、受験を希望している方は、2011年度の検定についての情報は、ハングル能力検定試験のホームページでご確認ください。

ハングル能力検定を韓国語の上達に生かす関連エントリー


韓国語を効率的にマスターする方法をご紹介

Copyright (C) 2010 韓国語を効率良く習得するためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

ハングル能力検定を韓国語の上達に生かす