韓国語を効率良く習得するためのガイド

韓国語能力試験を目標に韓国語を上達させる

どうせ韓国語上達のために勉強をするのですから、何か目標を作って頑張ってみてはいかがでしょうか?

 

ほとんどの方が思い付く目標としては、韓国語を身に付けて、会話ができるようになるということかもしれませんね。

 

ですが、その様な目標は、韓国語でコミュニケーションができる相手がいないと簡単には実感することができませんから、ハッキリと分かる目標を持つことがオススメです。

 

そこで「韓国語能力試験」を目標にしてみるのはいかがでしょう?

 

こちらの試験は、韓国語を学習する人達の中で、近ごろ話題となっていて、韓国語のマスターの度合いを試すためや、学習のやる気を維持させるために活用されているようです。

 

大まかに韓国語能力試験のあらましをご紹介しましょう。

 

この試験は、日本や韓国だけではなく、アメリカやヨーロッパなど世界18カ国で行われていて、日本では、4月と9月の年2回実施されています。

 

試験内容については、180分間の試験になり、書き取り、聞き取りを含めた4つの試験によって韓国語の技能を判定します。

 

各試験で平均的に点数が得られていないと不合格となってしまい、評価の基準としては、初級に相当する1、2級、中級に相当する3、4級、上級に相当する5、6級があり、点数によって、4つの合計点が200点以上なら1級、281点以上なら2級となり、4つのうち一つでも40または50点以下のものがあったならば、不合格というように判定されるそうです。

 

韓国語を習得する上で大事だと言われている、聴いて話すという能力のみでなく、書く、読むという能力も必要となりますので、日本語を学習するのと同様に、全体的に学習することが必要となります。

韓国語能力試験を目標に韓国語を上達させる関連エントリー


韓国語を効率的にマスターする方法をご紹介

Copyright (C) 2010 韓国語を効率良く習得するためのガイド All Rights Reserved.

お役立ちリンク集

韓国語能力試験を目標に韓国語を上達させる